Latest Publications

育毛剤はAGAの改善に必要か?

AGA(男性型脱毛症)治療を行うクリニックなどのホームページを見ると、飲む育毛剤として知られるプロペシアを処方していることが多いです。AGA治療に育毛剤を使わないクリニックは少数派かも知れません。しかし、東洋医学でもAGA治療を行っています。その治療内容は、マッサージや指圧、針、灸などを組み合わせて施術を行うことが多いようです。このように考えると、必ず育毛剤が必要だとは言えないかも知れません。

次に、AGAのメカニズムから育毛剤の必要性を考察してみましょう。AGAを起こす原因は、遺伝や男性ホルモンによる影響だと言われています。例えば、男性ホルモン(テストステロン)は、体内で5α-リアクターゼという酵素に代謝されてDHT(ジヒドロテストステロン)という活性型男性ホルモンへ変化します。現在、DHTがAGAの原因だと言われており、AGA患者の頭部からは高濃度のDHTを確認できます。

つまりAGA治療において重要なのは、如何にDHTを抑制するかということです。現在、DHTの抑制に効果を期待されている育毛剤の有効成分はフィナステリドです。フィナステリドは、5α-リアクターゼの働きを抑制する効果を有しています。そしてフィナステリドを含む育毛剤が冒頭で触れたプロペシアです。このような背景から見ると、育毛剤の利用は有効だと考えられます。

育毛剤の口コミランキング※頭頂部とM字ハゲに効くのはコレ!
http://www.joelkovel.org/